レキソタンとインフルエンザ予防接種や治療薬との関係

レキソタン服用中のインフルエンザ予防接種はOK?

 

レキソタンは長期間継続して飲む事になる場合が多いので、インフルエンザ治療薬品と一緒に飲む事になったり、インフルエンザ予防接種の時期と重なったりする場合も少なくありません。実際、インフルエンザ治療薬品やインフルエンザ予防接種との相性はどうなのでしょうか。

 

ここでは、インフルエンザ治療薬品・予防接種とレキソタンを一緒に飲む事に関して説明していきます。

 

インフルエンザ予防接種の条件

 

まず、インフルエンザ予防接種はレキソタンを飲んでいるときにしても、ほぼ大丈夫です。

 

予防接種できない条件は↓があります。

 

  1. 37.5度以上の発熱
  2. 急性疾患が認められる
  3. 過去に予防接種で過敏症が出た
  4. 医師の判断で予防接種が断られた

 

どれも、レキソタンとの関連性はほぼありません。

 

ただ、「レキソタンで治そうとしている病気」が原因で、インフルエンザ予防接種が行えなくなる事が完全にないとは言えません。「睡眠障害」や「不安症」をレキソタンでは治していくことになりますから、それらの症状を元に「体力がダウンしている」と見做されるかもしれません。インフルエンザ予防接種に関しては「副反応」という、薬でいうところの副作用のようなものが生じる場合があるので、体力がダウンしているとインフルエンザ予防接種が行えなくなる事があるのです。

 

ただ、余程体力がダウンしていると見做されない限りは通常どおりに予防接種が行えるはずですからあまり心配はいりません。もちろん、最終的には医療機関側が全て判断することになります。

 

インフルエンザ治療薬との併用

 

インフルエンザ治療薬品としては、リレンザ、イナビル、タミフルなどが用いられる場合が大半です。

 

レキソタンの添付文書をチェックしてみても、「併用注意」にこれらの薬品がなっているわけではありません。ですから、一緒に飲んでも構いませんし、病院で普通に出されます。

 

→ 併用禁忌・注意の薬|飲み合わせの悪いものは?

 

ですが、タミフルについてはレキソタンとの相性が芳しくありません。なぜなら、「不眠」の副作用がタミフルによって生じる場合があるからです。副作用が発生することはほとんどありませんが、もし副作用に見舞われればレキソタンの睡眠効果が落ちてしまう場合が多いです。

 

ですが、5日間摂取し終えればタミフルは完結です。ですから、長期間継続して一緒に飲む事になりません。ですから、入眠し辛くなった場合でも、レキソタンをたくさん飲むようなことは絶対にしないようにしましょう。あまりにも入眠し辛い場合は、医療機関に出向いてみましょう。基本的には「タミフルを摂取する5日間耐える」という方針を採って下さい。