レキソタンと運動の関係

レキソタン服用中の運動はOK?

 

レキソタンを飲んでいる時に運動を行っても良いのでしょうか。

 

  1. レキソタン服用の理由
  2. レキソタンの運動リスク

 

上記の2つの観点から、レキソタンを飲んでいる時の運動に関しては気を付けなければなりません。

 

レキソタン服用の理由

 

まずは、「レキソタンを飲んでいる理由」について整理してみて下さい。

 

  1. 神経症における不安・緊張・抑うつ及び強迫・恐怖
  2. うつ病における不安・緊張
  3. 心身症(高血圧症,消化器疾患,自律神経失調症)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ及び睡眠障害
参考ページ:レキソタン添付文書

 

レキソタンを飲んでいる人は、上記の内の最低1つの症状に見舞われているということです。ですから、上記の2つの症状に関してそれぞれ、運動を行って良いのか否かを考えていかなければなりません。

 

神経症・うつからくる不安・緊張など

 

「神経症やうつ病由来の抑うつや不安」を治すためにレキソタンを飲んでいるのであれば、むしろ運動を行うべきであると言われています。実際、睡眠障害、抑うつ、不安などを改善するために「運動療法」が導入されることも多いからです。

 

はじめに、運動を行うと血行が改善されます。そうなれば、「BDNF」という脳の神経伝達物質のエネルギー源となる成分が多くなると見られています。神経伝達物質(セロトニン等)が足りていないことが、睡眠障害、抑うつ、不安等の要因の1つとされているので、神経伝達物質を運動を行うことで多くすることは重要であると言えます。実際、運動を行えば症状が和らぐことが多いようです。

 

また、当然ですが運動すれば体力がアップします。抑うつ・不安症状が長期間継続してしまうと、運動不足になって体力がダウンしてしまうケースが大半です。そして、体力不足だと疲労しやすくなり、集中力やストレスへの抵抗力も一気にダウンしてしまいます。ですから、抑うつや不安症状を和らげたいのであれば、運動を行うことが案外とても大切であると言えます。

 

そして、「肥満になりにくくなる」ということも重要です。抑うつ・不安症状を抱えていると運動不足になる傾向があるため、当然ですが肥満になりやすくなります。運動をすることで、体重がアップしないようにすることも大切なのですね。

 

以上のことから、運動を適度に取り入れれば抑うつや不安症状などが和らぐ場合が多いです。ですから、「うつ症状や不安症状のせいでレキソタンを飲んでいる」というのであれば、むしろ積極的に運動を取り入れるようにしましょう。

 

心身症(高血圧や消化器疾患)など

 

レキソタンを飲んでいる理由が慢性胃炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍などにあるのであれば話は別です。実際に胃腸に問題が発生しているときに、無理矢理運動を行ってしまうと、かえって症状がエスカレートする場合が多いです。

 

 

 

まとめると「レキソタンを飲んでいるときは運動をした方が良い場合が多いが、胃腸などに実際に問題が発生しているのであれば避けた方が良い場合が多い」ということになります。自分の状態を見ながら、運動を取り入れるかどうかを慎重に決めるようにしましょう。

 

レキソタンの運動リスク

 

さて「レキソタンを飲んでいるときでも、基本的には運動をした方が良い」というスタンスでここまで解説してきました。

 

ですが、忘れてはならないのが「レキソタン自体の危険性」です。レキソタンに関しては複数の副作用が存在しており、その内には運動に悪影響を与えるようなものも存在しています。

 

運動に影響を与えかねない、レキソタンに関する副作用と言えば、

 

精神的な症状 眠気、めまい、頭痛など
骨格筋の症状 倦怠感、脱力感、疲労感など
消化器系の症状 吐き気、便秘など

 

↑主に上の3つ(消化器系統、骨格筋系統、精神系統)です。運動が原因で副作用がさらにキツイものになったり、運動の質がダウンしたりする危険性があるので、これらの副作用に見舞われているのであれば運動はしない方が良いと思います。

 

→ レキソタン【副作用解説!断薬時の離脱症状を抑える方法】

 

上記の記事で、レキソタンの副作用に関してさらに詳細に紹介しています。

 

最後になりましたが、レキソタンを飲んでいるときは原則運動をした方が良いです。ですが、副作用の種類や治療中の疾患次第では運動は避けた方が良い場合もあります。何にせよ、とにかく無理だけはしないようにしましょう。