レキソタンは海外で購入できる?持ち込み・持ち帰りは可能?

海外で購入できる?持ち帰ることは可能?

 

レキソタンは海外でも発売されています。ただし、レキソタンは日本国内では第三種向精神薬に指定されているため、海外で購入して日本に持ち帰るのは困難です。

 

一般の個人が自分で使用するために国内に持ち帰るのは「個人輸入」となり、法律で認められていますが、地方厚生局に必要書類を提出したり、医師の処方箋が必要になるなどさまざまなハードルがあります。

 

こっそり荷物に入れて持ち帰ることを考えるかもしれませんが、空港で探知犬による検査なども行われているので、バレたときには面倒なことになるでしょう。

 

したがって、海外で購入して日本に持ち帰るということはあまり考えない方がよいでしょう。

 

日本から海外に持ち込むのは?

海外旅行などのために、普段服用している薬を海外に持ち込むこともあるでしょう。この場合は、行き先の国によって状況が変わってきます。

 

例えばアメリカの場合、レキソタンの持ち込みが禁止されているので、見つかると厄介なことになります。ただ、他の国だと預け入れずに機内荷物に入れておけば特に問題ないケースもあるようです。

 

最低限、何か言われたときに、「これは普段自分で使っている分だ」と主張できるよう、少な目の量を持ち込むようにしたほうがよいでしょう。また、行き先の国でどのような扱いを受けているのかも、調べておきましょう。