レキソタン服用で抜け毛・脱毛は起こらないの?

レキソタンで抜け毛・脱毛は起こらないの?

 

レキソタンを服用していて、抜け毛や脱毛のような副作用があるのではないかと不安になる人もいることでしょう。しかし、現在のところ、レキソタンに関しては、抜け毛のような副作用の存在は確認されておらず、その意味ではあまり心配をする必要はないといえます。

 

レキソタンを服用中に、もしも抜け毛などが気になった場合ですが、これは医薬品の成分によるというよりも、むしろカビの一種が頭皮で異常繁殖して炎症を起こした結果であったり、あるいはストレスが引き金となった心理的な反応として引き起こされているものと考えられます。

 

抜け毛や脱毛の理由がストレスによるものである場合、レキソタンの服用でストレスをやわらげることは、逆に抜け毛などを防止する上でもつごうがよいものです。また、健康的に毛髪を成長させるためには、簡単なようでいて、早寝早起きといった規則正しい生活や、十分な睡眠の確保などが重要となってきます。レキソタンでストレスの原因になる生活習慣の乱れが解消される方向になれば、やはり育毛にとっては効果的であるといえるでしょう。

 

むしろレキソタンをやめたことにより、離脱症状による不安感などが起き、その結果ストレス性の脱毛症などにかかってしまう可能性があるわけです。

 

なお、レキソタンのような向精神薬の一部には、臨床試験の結果において、脱毛などの副作用が生じたという報告がまったくないわけではなく、たとえば抗てんかん剤や躁病治療薬のようなもので確認されています。ただし、発生する頻度は不明であり、医薬品の成分の影響として一般的なものであるかどうかはよくわからない部分があります。いずれにしても、レキソタンそのものではこうした副作用は確認されていないわけですから、ストレスを受けやすい体質を改善することを専一にして、あまりくよくよと悩まないことがたいせつであるといえます。