妊娠中・授乳中のママはレキソタンを控えて

妊娠中・授乳中のレキソタンのリスク

「レキソタンを飲んでいたけど妊娠した」
「妊娠中にレキソタンを飲んでみようかと思っている」

 

そんな女性もいるでしょう。

 

ここでは、レキソタンが妊娠中・授乳中に赤ちゃんにどんな影響を与えるかを解説します。

 

妊娠中のレキソタン使用リスク

妊娠中の女性の場合、レキソタンのような精神神経用剤を服用しても問題がないかどうかというのは不安に感じられるところでしょう。こうした場合、まずはレキソタンのパッケージに添付されている製薬会社が作成した文書を確認するのが、もっとも手っ取り早い方法であるといえます。

 

レキソタンの添付文書には、

 

妊娠3か月以内の女性や、妊娠している可能性がある女性については、治療上のメリットがリスクを上回る場合に限って投与すること

 

と書かれています。

 

これは言い換えれば、「使わないですむのであれば、使わないほうがよいが、どうしても治療の必要がある場合には認められる」といったニュアンスになります。

 

一般的に、妊娠中の女性がこうした医薬品を服用した場合には、その有効成分が胎児のほうにもはたらいてしまい、催奇形性をもたらす可能性があることが指摘されています。授乳中についても、乳汁を通じて成分が新生児に移行する可能性がありますので、取り扱いとしては基本的に同じです。医薬品が胎児にどの程度の影響を与えるのかについては、アメリカ食品医薬品局とよばれる機関が分類基準を出していますので、その内容が一定のめやすとなっています。

 

薬剤胎児危険度分類基準(アメリカ食品医薬品局(FDA)の評価)

A

CONTROLLED STUDIES SHOW NO RISK(ヒト対照試験で、危険性がみいだされない)

 

解説:しっかりと試験を行ったうえで、危険であるという証拠が出なかったもの。

B

NO EVIDENCE OF RISK IN HUMANS(人手の危険性の証拠はない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠がないが、人の実験はしていないもの。

RISK CANNOT BE RULED OUT(危険性を否定することができない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠があるが、人での実験ではしていないもの。

D

POSITIVE EVIDENCE OF RISK(危険性を示す確かな証拠がある)

 

解説:動物実験でも、人での実験でも、危険性が確認されているもの。

x

CONTRAINDECATED IN PREGNANCY(妊娠中は禁忌)

 

解説:胎児への危険性の決定的な証拠があり、服用が禁忌であるもの。

 

 

レキソタンを含めて、同様の化学構造をもつ向精神薬については、いずれもアメリカの分類基準では、妊娠中は禁忌であるという分類には該当しないものの、明らかなリスクの証拠があるとするD分類に該当しています。

 

これは過去の疫学的な調査の結果などをふまえての判断ですが、レキソタンではないものの、他の類似の向精神薬を使用していた患者では、俗にみつくちとよばれる新生児の異常が多かったり、傾眠や低体温などの傾向がみられたといった報告が寄せられているため、レキソタンも同様の影響があるのではないかと考えられているのです。

 

実際のところ、レキソタンによる胎児への影響があるかどうかについては、専門家のなかでも判断が分かれるところであり、必ず影響があるともいいがたいものです。

 

かといって、むやみに危険視してレキソタンを自己判断でやめてしまうと、離脱症状の「不安」「イライラ」などが襲ってきて、ストレスによって流産してしまうなどのリスクもあります。一概に「危ないからやめろ」とは言えないところが難しいところなのです。

 

そこで、妊娠中、あるいは出産を終えて授乳中という段階でのレキソタンの使用についてですが、精神を落ち着かせるという目的であれば、別の種類の医薬品もありますので、そちらに切り替えができないかどうかをまずは検討してみましょう。その上で、切り替えられる状況であれば、リスクは極力避けるという方針がよいといえます。

 

それでもレキソタン服薬を中止することが困難な場合は、さきに述べたとおり、かならずしも禁止というわけではありませんが、やはりいったんは医療の専門家である医師に相談をした上での対応となります。

 

授乳中のレキソタン使用リスク

レキソタンを服用しているママの母乳には、わずかながらレキソタンの成分が混ざり込みます。その含有量は少ないですが、赤ちゃんの体重も軽いので小さくない影響が出ます。

 

一番大きいのが睡眠への影響です。授乳後赤ちゃんがレキソタンの影響で眠くなって寝てしまい、夜になっても眠れなくなってしまうなど、睡眠のリズムが乱れて成長に悪影響がでる恐れがあります。

 

ただ、授乳中は妊娠中と違って、「完全ミルク育児」を選択することでママのレキソタンの影響から赤ちゃんを切り離すことができます。レキソタンを飲んでいない母親でも完全ミルク育児を選択する場合があるくらいなので、心配であればミルク育児を選択するというのも手ではないでしょうか。