レキソタンの過剰摂取の問題点と致死量について

レキソタンを大量摂取するとどうなる?

レキソタンに限らず、医薬品には少なからず「依存性・耐性形成」という特性があります。これは長期間服用することによって「耐性」がつき、今までの量だと足りなくなりことです。その結果、どんどん服用量が増えて「このまま大量に飲んでいて大丈夫なの?」という不安が出てきてしまいます。

 

ここでは、レキソタンの大量摂取(od)にどのようなリスクがあるのかを解説します。

 

レキソタンの致死量は?

まずはレキソタンの致死量について考えてみましょう。致死量については、LD50(半数致死量)というデータによって判断することができます。1度にLD50の服用量を飲んでしまうと、半分の確率で死んでしまうということです。

 

レキソタン(ブロマゼパム)のLD50は人間のデータはないのですが、ネズミの場合は1950mg/kgとなります。これを人間に換算すると、1万錠を軽く超える量を飲まないと半数致死量には達しないということになります。

 

1万錠以上レキソタンを服用するなんてことは実質的に不可能なので、大量摂取(od)によって死に至るということはほとんどないと考えてよいでしょう。

 

とはいえ、あくまで半数致死量の話ですから、仮に100錠くらいの過剰摂取の場合でもわずかに死亡率はあるはずです。運悪く死亡する可能性はあるので、odがNGということに変化はないことは勘違いしないようにしてください。

 

大量摂取(od)のリスクはナニ?

上で説明したとおり、レキソタンの大量摂取(od)によって死亡してしまう確率は低いです。

 

だからといって、大量服用にリスクがないわけではありません。

 

事故や後遺症のリスク

レキソタンを大量に摂取すると、脱力や眠気が一気に訪れます。その結果、急に倒れて頭を打ったり、運転中に意識を失って大事故を起こすなどのリスクがあります。自分だけがトラブルに合うならまだしも、多くの人を巻きぞえにしてしまう可能性があるのです。

 

また、数日意識を失ったり、記憶の混濁などが起こり、脳への影響が強すぎたために後遺症が残ったりなどのリスクもあります。

 

依存性・耐性形成の急激な進行リスク

ただでさえレキソタンには依存性・耐性形成があり、服用を厳重に管理する必要があります。そこで大量摂取を起こしてしまうと、体に大量のレキソタンの成分が入ることになり、一気に耐性形成が進みます。

 

その結果、以前と同じりょうのレキソタンでは足りなくなり、日ごろの服用量も激増してしまう可能性があります。そうなると、断薬時の離脱症状もより強いものとなり、非常につらい思いをすることになります。

 

大量摂取時の対処方法は?

レキソタンを大量服用したときに、まだ意識がしっかりしているなら、横になって作用が抜けるのを待つのが一番無難です。無理に吐かせると、錠剤が食道にこすれて食道を傷つける可能性があります。

 

もし意識が薄れていたり、呼吸が浅いといった場合は、胃洗浄などを行って薬の血中濃度を薄くする対策が必要となります。いずれにせよ、救急車を呼んで対応してもらうようにしましょう。

 

レキソタンの大量摂取は、多くの場合自殺未遂からきています。なので、レキソタンを大量服用しても死ぬ可能性は低いということを、本人や家族がしっかり知っておくことが大量摂取予防の第一歩となるでしょう。