レキソタンの併用禁忌・注意の薬|飲み合わせの悪いものは?

レキソタンの併用禁忌薬にご注意

 

レキソタンは他の抗不安薬・睡眠薬に比べて副作用は軽めのため、広く使われている医薬品です。

 

また、レキソタンには併用禁忌薬(同時服用が禁止されている医薬品)はありません。ただ、併用注意医薬品や、禁忌(服用してはいけない人)の決まりがあるので、しっかり学んでおきましょう。

 

目次

 

併用禁忌の医薬品は?

 

レキソタンについては、「併用禁忌」となっている医薬品は存在しません。なので、誤って併用禁忌の医薬品を服用してしまうことは心配ないでしょう。

 

ただし、「禁忌事項」というものがいくつかありますので、事前確認が必須です。

 

  1. レキソタンの成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 急性狭隅角緑内障の患者
  3. 重症筋無力症の患者

 

レキソタンに過敏症を持っている人

過去にレキソタンを飲んで、過敏症(アナフィラキシーなど)を発症した人は、再度レキソタンを飲むことはできません。

 

急性狭隅角緑内障

急性狭隅角緑内障になると、、角膜と虹彩で挟まれた「隅角」が完全に閉じることにより、房水の出口がなくなって眼圧が急上昇してしまいます。この状態だけでも危ないのですが、レキソタンを飲んでしまうとさらに眼圧が上がり、最悪失明という状態になってしまいます。

 

重症筋無力症

重症筋無力症とは、腕や脚の力が弱くなる、まぶたが垂れて下がる、物が二重に見えるなどの症状を起こす病気です。レキソタンには筋弛緩作用があるため、重症筋無力症の患者が服用すると相乗効果によって症状が悪化する可能性があります。

 

レキソタンの併用注意薬をチェック

 

レキソタンの併用禁忌薬はありません。しかし、「併用注意」となる医薬品はいくつかあるので、確認しておきましょう。

 

中枢神経抑制剤(デパス、マイスリーなど)

 

レキソタンとの併用をもっとも注意しなければいけないのは「中枢神経抑制剤」となります。

 

ベンゾジアゼピン系 レキソタン、デパス、レンドルミン、ハルシオン、ユーロジン、ソラナックス、ロヒプノール(サイレース)、ワイパックス、ベンザリン、メイラックス など
非ベンゾジアゼピン系 アモバン、マイスリー、ルネスタ
バルビツール酸系 ベゲタミン、ラボナなど
抗ヒスタミン薬 アタラックス、ポララミン、アレジオン、アレグラ、ザイザル、クラリチン など
フェノチアジン誘導体 メチレンブルー、プロマジン、フルフェナジン など

 

↑は中枢神経抑制剤のおおまかな一覧となります。レキソタンも中枢神経抑制剤の一種となります。

 

これらの医薬品をレキソタンと併用すると、中枢神経抑制作用が増強され、相互の作用(眠気など)を増強してしまいます。その結果、依存性・耐性形成の速度も跳ね上がってしまい、依存症になってしまうリスクがあります。

 

意外なところでは、花粉症治療で利用する「抗ヒスタミン剤」も中枢神経抑制薬です。抗ヒスタミン剤は眠気が出やすく、レキソタンと併用すると異様な眠気やふらつきが出る恐れがあり、併用は注意となります。

 

これはアルコールでも同じことなので、これらの医薬品やアルコールをレキソタンと併用するのは避けたほうがよいでしょう。

 

>>アルコールはNG!お酒との関係

 

「併用注意」なので、絶対に併用してはいけないということではありません。医師の判断によっては、レキソタンとその他の医薬品を同時処方するケースもありえます。しかし、これは医師が必要と感じたからであって、自分の判断であれこれ中枢神経抑制剤を併用するのはやめたほうがいいでしょう。

 

なお、フェノチアジン系向精神薬やバルビツール酸系睡眠薬は副作用が強いため現在はあまり処方されることはありませんが、抗てんかん薬としてはまだ現役なので注意が必要です。

 

モノアミン酸化酵素阻害剤

 

パーキンソン病などに利用されるMAO阻害剤も併用注意です。レキソタンと併用すると舞踏病が発現したという情報があります。

 

一般的にはあまり併用に至るケースはありませんが、高齢者の場合はパーキンソン病治療と合わさって併用になる可能性はあります。「レキソタンを服用しているんですが…」ときちんと一言告げるようにしたほうがいいでしょう。

 

シメチジン

 

シメチジンは胃酸抑制薬ですが、中枢神経抑制作用が増強されるリスクがあります。シメチジンはレキソタンとは処方される科が違う場合が多いので、併用に気づかない例が多い点に注意が必要です。

 

また、シメチジンは「H2ブロッカー」として市販もされています。

 

フロンティア(製造販売藤沢)、パンシロンH2ベスト(製造藤沢、販売ロート販売)、住友胃 腸薬スコープ(製造住友、販売住友ヘルスケア)、センロックエース(製造住友、販売第一)、ザッツブロック(製造住友、販売武田)アルサメック(製造販売佐藤)

 

これらの医薬品は、レキソタン服用中は選ばないように注意したほうがいいでしょう。同じく市販のH2ブロッカーとしては「ガスター10」があるので、そちらを選んだ方が無難です。

 

よく使われる医薬品とレキソタンの飲み合わせ

 

レキソタンの併用注意薬はすでに説明した通りです。ただ、それ以外に「この医薬品との飲み合わせはどうなの?」という疑問もあるはず。なので、ここではよく利用されている医薬品とレキソタンの飲み合わせを解説していきます。

 

風邪薬(パブロン・ルル・ムコダインなど)

 

不安症と付き合っている間、たまたま風邪を引いてしまうこともあるはずです。なので、レキソタンと風邪薬の飲み合わせは気になるところです。

 

医薬品名

効果

アスベリン

咳止め

アストミン

咳止め

フスコデ

咳止め

メジコン

咳止め

レスプレン

咳止め

アンブロキソール

喉の炎症を鎮める

エンピナース

喉の炎症を鎮める

 

ムコダイン

咳止め、痰切り、鼻づまり防止

 

風邪薬として病院で処方されやすいのは↑の医薬品となります。その中でも、ムコダインは適応症が多くよく処方されます。

 

原則として、これらの医薬品とレキソタンの併用は問題ありません。併用注意に指定されてはいないので、同時に利用して大丈夫です。とはいえ、風邪薬には眠気が出やすいものがあるので、「レキソタンを服用しているのですが…」とお医者さんに伝えておいたほうが無難です。

 

 

問題なのが、市販の風邪薬を買って利用する場合です。パブロンやルルなどの市販の風邪薬には、鼻水・鼻づまり対策として眠くなりやすい医薬成分が入っています。そのため、レキソタンと併用すると異様な眠気が出るケースがあります。

 

市販の風邪薬に入っている「眠気」の元となる成分は、「d-クロルフェニラミン」や「マレイン酸カルビノキサミン」などの「抗ヒスタミン剤」となります。中枢神経抑制剤の一種なので、仕事や外出などの眠気が出ては困るシチュエーションでは併用は避けたほうがいいでしょう。市販薬の箱の成分表を見て、抗ヒスタミン成分が入っていないものを選ぶと万全です。わからなければ、薬局で質問してみましょう。

 

胃腸薬(ムコスタ、ガスター、ビオフェルミンなど)

 

胃腸の調子が悪くて、よく胃腸薬を服用しているなんて人は多いはずです。レキソタンを服用している場合、不安やストレスに襲われることも増えがちなので、余計に胃腸薬のお世話になる機会も多くなりそうです。

 

胃腸薬に関しては、「シメチジン」のみ併用注意となっています。

 

ムコスタ、ブスコバン、ガスター、タケプロン、パリエット、ネキシウム、ビオフェルミン など

 

それ以外の↑に挙げたような胃腸薬については服用可能なので、覚えておきましょう。

 

レキソタンには消化器系の副作用があるので、胃腸薬が合わせて処方されるケースも多いです。なので、むしろレキソタンと胃腸薬の相性は良いといってもいいくらいでしょう。

 

そうはいっても、胃腸薬にはさまざまなジャンルがあります。なので、「胃痛がするから、家のあるのを適当に飲んでおこう」というのはやめてください。例えば、胃酸過多の人に食べ過ぎ用の胃酸を増やす胃薬はNGです。自己判断だと胃薬の選択を間違える可能性があるので、市販薬を買うなら薬局、処方してもらうなら医師にしっかり症状を告げて相談しましょう。

 

解熱・鎮痛剤(ロキソニン・ボルタレン・バファリンなど)

 

頭痛や腰痛、生理痛など、痛みを伴う持病を抱えている人はたくさんいます。そのため、解熱・鎮痛剤は人気が高いです。特に、NSAIDsと呼ばれる種類の鎮痛剤は広く市販もされています。

 

ロキソニン、ボルタレン、イブプロフェン、アスピリン、ポンタール、インドメタシン

 

↑はNSAIDsの代表例ですが、目にする機会も多いはずです。バファリン(アスピリン)、イブ(イブプロフェン)もNSAIDsとなります。

 

はじめに、レキソタンとの併用についてですが、注意ではないので構いません。ただ、飲み合わせと言う意味ではそれほど相性はよくありません。

 

なぜかというと、レキソタンとNSAIDsには、それぞれ消化器系の副作用があるからです。レキソタンには抗コリン作用があって、副交感神経を弱めるため吐き気などが現れます。一方、ロキソニン・ボルタレンも胃を荒らすことで有名です。プロスタグランジンを減らす作用があり、胃の粘膜保護機能を低下させるのです。
お互いの消化器系症状の原因が違うので、併用した際に両方の症状が同時に起こることが懸念されます。そうなると、強い消化器系の症状が出てしまうかもしれません。

 

まず必ず守りたいのが、お互いの医薬品の用法・用量は絶対守るということです。レキソタンはもちろんですが、ロキソニンなどのNSAIDsにも決められたルールがあるので、しっかり守りましょう。

 

さらに、胃腸薬で症状を抑えるのも手です。例えばロキソニンが病院で処方される場合、胃を荒らすのを見越して胃腸薬が同時処方されることが多いです。もし併用して胃腸の調子が悪くなるようなら、医師に相談して適切な胃薬を出してもらいましょう。

 

その他の医薬品(ピル、抗生物質、ワーファリンなど)

 

ピルや抗生物質あたりの医薬品も、レキソタンと併用されがちな医薬品となります。

 

種別

代表医薬品

概要

ピル

トリキュラー、ダイアン、ヤスミン、アイピル

併用はOK。ただし消化器系の副作用の重複に注意

抗生物質

フロモックス、メイアクト、クラビット、ジスロマック

併用はOK。ただし消化器系の副作用の重複に注意

ワーファリン

ワルファリン

併用はOK。

 

↑は各医薬品ジャンルとレキソタンとの併用の可否一覧となります。いずれもレキソタンとの併用そのものについては問題ありません。

 

ただ、ピル・抗生物質ともに副作用として消化器系の症状があるので、レキソタンと併用すると症状が悪くなるケースはあります。なので、事前にしっかりと注意しておくことが重要です。

 

飲み合わせの悪い食べ物は?

 

医薬品以外にも、レキソタンと相性の悪い食べ物があるので気を付けましょう。

 

代表例はセントジョーンズワートで、抗不安作用のある食品となるので、レキソタンと作用が似ており、作用の増強リスクがあります。ダイエット効果を期待して飲んでいる人もいるので、気付かないうちにレキソタンと併用してしまう可能性はあります。

 

また、セロトニン、メラトニンのサプリも併用には注意が必要です。レキソタンの断薬サポートとしてセロトニンを飲む場合はよいのですが、ただやみくもに併用してしまうと作用を増強してしまう恐れがあります。

 

併用注意や飲み合わせのまとめ

 

最初に覚えたいのは、レキソタンの併用注意薬です(併用禁忌はありません)。

 

  1. 中枢神経抑制剤(デパス、マイスリーなど)
  2. モノアミン酸化酵素阻害剤
  3. シメチジン

 

↑は併用注意の一覧です。特に中枢神経抑制剤はかなり種類が多いので、自己判断での併用には気をつけましょう。また、シメチジンは胃薬として市販もされているので、「うっかり併用」には注意してください。

 

また、風邪薬や解熱・鎮痛剤、胃腸薬などとレキソタンの飲み合わせについては、

 

  1. 眠気
  2. 消化器系副作用

 

上記2つの症状が悪化する可能性があることは抑えておきましょう。

 

 

また、最後に1点覚えてほしいのは、「医薬品服用によって肝臓・腎臓が弱ることがある」という点です。

 

どんな医薬品も、肝臓や腎臓で代謝・排泄されます。つまり、服用する医薬品が増えるほど、肝臓・腎臓に負担がかかるわけです。

 

健康体ならそれほど問題はありませんが、もし「肝臓・腎臓の数値が悪い」といった指摘を受けているなら、レキソタンやその他の医薬品を併用することでトラブルが起こることがありえます。必ず、医師に相談してから併用するようにしましょう。